動物フェスティバル 2012年10月14日

動物フェスティバル 2012年10月14日

天気予報では晴れる予定だったけど、小雨がパラつくうっとうしい天気になった。

究極の晴れ男の伝説、やぶれたり、っていうか(若者みたい)最近の天気予報が当たる確立は昔にくらべて格段の差があったはずだが。

おかげで、動物と遊ぶことを楽しみにしていた希花さんも少々不機嫌気味。

コンサート自体は屋内だし問題はないけど。

さて、今日僕は95年から使っていたローデンを持ってきた。

このギターの製作家のジョージ・ローデン氏が、もう一度同じモデルを作るために僕のギターを貸し出していたものが戻ってきたからだ。

このギターがアイリッシュ・ミュージシャンとしての僕を育ててくれたんだと思う。

トップがスプルース、サイドとバックがインディアン・ローズウッドのとても甘い音がするギターだ。動物とは全く関係ないが。

ところで、僕も希花も都会育ち。あまりワイルドな生活には縁が無い。僕の親父は陸軍少佐だった頃、愛馬にまたがっていたらしい。そして無類の犬好きだった。そういえば猫も家には必ずいた。

都会暮らしだと動物というのはせいぜいそんなものだろう。そういえば、にわとりもいたなぁ。あれ、時には食べていたのかなぁ。それとも卵を得ていただけだったのかなぁ。そんないい加減な記憶しかない。

希花のほうは、転勤族の子供であったし、いわゆるペットというものが飼えなかったようだ。

それでも無類の猫好きで、あるときから触りすぎてアレルギーをもらってしまったそうだ。

また僕のほうの話に戻るが、親父は毎朝5時頃起きて、愛犬を連れ、自転車に乗ってテニスコートに出かけていた。

休みの日には川に連れて行き、洗濯石鹸でごしごし洗っていた。今では考えられないことだが、沢山の子供たちが見物していたものだ。

歴代の犬たちはそうして常に可愛がられていた。

親父の最後の犬はジャイアンと名づけられた柴犬だった。過去にいなかったほどのわんぱく犬だったが、2年ほど可愛がられたある晩、親父が亡くなった。

いつものように鎖に繋がれたジャイアンだったが、夜中にいなくなっていた。そして2度と戻ってこなかった。

動物に関するエピソードはいっぱいあったかもしれないけど、特にそういったことを強要することなく、僕らの音楽を後押ししてくれた、獣医の菊池さんをはじめ、コンサートのために一生懸命用意をしていただいた方たちに感謝します。

歯科大学という場所で、獣医さんに囲まれた医学生の内藤希花、なかなかに面白い組み合わせでした。

サウンドメッセ2012大阪

サウンドメッセ2012大阪

中川イサトさんとのジョイントコンサートを控えて、台風がもうすぐやってきそうな大阪に新幹線で向かう。

会場に着くとおびただしい数の楽器が並んでいた。僕は、長年使っているローデンの特約店であるギタープラネットのブースを目指していたが、入ってすぐシーガルギターの塩崎さんと再会。ちょっと前に四国にも行ったのだが、会えずじまいで、そっくりな息子さんとはじめてお会いする奥さんとも挨拶を交わし、また会場を進んでいった。

いろんな楽器に目移りしながらもやっとギタープラネットのブースに辿り着く。カントリー好きの(見た感じ)僕よりだいぶ年上の(見た感じ)おじさんがマーティンを試奏している。

少し話をするとやはり往年のカントリーファンで久々にマーティンを買おうかな、と思っているらしい。

ローデンもいいギターですよ、と暫く話をしながら軽く薦めておいた。でもあのおじさんはやっぱりマーティンだろうな。

僕と希花とでブースで30分ほど演奏をした。集まってきたギャラリーに楽器店のマネージャーである小山さんが流暢に話しかける。

演奏のあとは、しばし自由時間。あっちこっちのブースを見て回る。懐かしい人にもずいぶん再会した。

ナターシャーが始まったころ、愛知県に出かけて行った時に出会ったオールドタイミーバンド“チキンパイ”の斎藤君。70年代半ばからのカスガ楽器の良質のバンジョーやマンドリンはこの人の功績だ。

それに、京都でバンジョーのネックを作ってもらったり、インレイを作ってもらったりと、いろいろお世話になったギター製作家の占部さん。今はウクレレ製作家として世に名が知られている。

プー横町というレコード屋さんの松岡プーさん。僕はそこで、ボシーバンドのライブ盤を74年ころに買っているのだ。

つい先日、岡崎で出会ったノブギターの山本君とも出会った。

まだまだ懐かしいお顔と再会したが“お顔は覚えていますが、お名前だけが想い出せない”とはよく言ったもんだ。

有山じゅんじの家族とも再会。

懐かしんでばかりはいられない。イサトさんと打ち合わせをしなくては。ふと見るとイサトさんが外でディック・ボークと煙草を吸っている。

簡単に「こんなんしよう、あんなんしよう」と打ち合わせをしてからまたブラブラする。

さて、いよいよ本番だ。いねこさんとわたるくんも京都から駆け付けてくれている。

なにせギター好きの集まる場所だ。いつもとは少し雰囲気が違う。ローデンの宣伝もしなくては…などと思いながらもどうしても話は脱線してしまうが、ここは大阪だ、ということを忘れてはいけない。笑いのレベルは半端じゃない。でも、その辺はイサトさんがちゃんとフォローしてくれるだろう。

僕と希花はとことんアイリッシュ。イサトさんはいつもながらのしぶいフィンガーピッキングを聴かせてくれる。

客席では有山じゅんじがハープに食いついている。実は出番前にすでにハープに眼を付けていた有山が、最も似合わないこの楽器を抱えてにっこりしている写真がある。チョーキングするんじゃないかとびくびくしていたが、そうするまでもなく、ハープですら有山サウンドになってしまう。不思議な男だ。

 コンサートが終わってからは食事会というか、懇親会というか、おおきなパーティに参加。

ザビエル大村君や、中国でのイサトさんの活躍を支えた弱冠19歳の方矢君などと楽しい話しに花が咲いた。

アコースティックギターマガジンの相川さんや、日本屈指のバンジョー弾き、有田君や

クロサワ楽器の福岡さん、実行委員の家城さん、もうあげたらきりがないくらい、沢山の人との出会い、再会があった。

僕と希花とは夜行バスで戻るので(結果的に台風の影響を受けずに帰れることとなった)

よそで2次会に参加する中川一味(中川家ではない)と共にパーティを失礼させていただいた。

ザビエル大村君がツアーガイドよろしく、僕のバンジョーを背負ってみんなを先導してくれた。おかげで迷うことなくバスディーポまで辿り着けた。

沢山のミュージシャン、そしてそれを陰で支えてくれる人達、そして、今回のサウンドメッセのスタッフすべてに感謝いたします。

どうも有難う。

日曜日、台風で大変だっただろうけど、来てくれたお客さんにも、スタッフのみなさんにも、それはそれで想い出深いものとなってくれたらいいな、と願っています。

ツアーいろいろ

ツアーいろいろ

四国ツアー以来少しくたびれて、大阪、岡崎、東松山となにも書かずにきてしまいました。やっぱり日本の夏は暑い!温度差20℃以上のところから帰って来て、急激に動き回るとは、無謀だったかもしれないけど、無事、体もこわさず今日まできています。

四国では京都産業大学の後輩である木内君が全て僕らの面倒をみてくれて、感謝、感謝でした。

彼は今アメリカで“ブルーグラス旅行”をしています。

又、遥か秩父から全てのコンサートに付き合って頂いた高見さんにも、感謝、感謝です。

もちろん、四国ツアー総元締めのとらちゃんも、ありがとう。

大阪では、新しくできた中之島サン=ルイ アミューズというレストランでのディナーショー的なコンサート。

例によって40年来の友人たちも来てくれ、そのなかの“げらさん”には受付まで手伝って頂きました。

本当に持つべきものは友達です。

岡崎では、いつもの深谷君とそのスタッフのみなさんにお世話になりました。ギター職人の山本宣哉(のぶや)君が作ったNOB GUITARがとても素晴らしかった。もし機会があれば、ギター好きは是非一度手に取ってみてください。

岡崎終了後、いつもの“たけちゃん”が無謀にも東京まで送ってくれる、という快挙を達成してくれました。

話が弾みましたが、さすがのたけちゃんも疲れたことでしょう。有難う。

東松山(埼玉県)での小さな喫茶店におけるコンサートもかなりいい雰囲気で気持ちの良い音楽を奏でられた気がします。

主催の中原さんは、終了後、東京まで送ってくれて、いろいろ興味深い話を一杯聞かせてくれました。有難うございました。

東京に戻った僕らは恒例の蒲田教会でのアコースティックコンサートに臨みました。今回はアイルランド帰国コンサートということで、コラムとダブる話しもありましたが、生のアイルランド話しを沢山しました。

1カ月半、ほとんど毎日音楽に浸りっぱなしだったアイルランドの生活が抜けきれないまま、もっともっと音楽をやりたかったのですが、まぁ、みやげ話も聞いてもらった方がいいかな、と思いつつ、またついつい話が長くなってしまいました。

また僕らの取りとめのない話とアイリッシュミュージックを聴きに来てくれた皆さんに感謝いたします。

そして、9月15日は密かに楽しみにしていた京都府、宮津でのコンサート。世屋高原の素晴らしい景色に囲まれて過ごした珠玉の2日間。

音楽会のみならず、蕎麦打ちまで体験させて頂きました。自分たちで粉をこねて、伸ばして、切って、湯がいて、冷やして、厨房で用意してくれた野菜のテンプラと共にいただいたその味は格別でした。

椙谷さんをはじめ、暖かいスタッフに囲まれて幸せでした。また、遠方からもずいぶん多くの方たちが来ていただき、初めて僕らの音楽を聴いてくれた人も沢山いてくれて、ここでも感謝、感謝でした。

そして17日には、高石さんと僕による、ナターシャーセブンの会。

高石さんのお客さんを惹きつける天性の才能は、昔とちっとも変らないと感じました。僕は彼が歌いやすいように伴奏してあげられれば、それがナターシャーセブンらしさかな、と思います。

音楽的には、僕も昔のようにはいかない部分があり、高石さんも相変わらずの部分もあり、でもこの歳になってお互いがお互いの持ち味を生かしながら、ひとつひとつ丁寧にやっていけばそれが一番美しいのではないでしょうか。

早くから並んでいただいた人達、来ていただいた全ての人に感謝いたします。

22日は、希花さんの25歳の誕生日。

いつものコーヒーハウス“バードランド”と焙煎コーヒー“陽のあたる道”でのダブルヘッダー。

どちらのお店にもかなり無理を言ってお願いしてしまいました。でもどちらのお店も僕と希花さんのフェイヴァリッツ。

お肌の曲がり角にきてしまった、希花さんにとっては大好きなお店でみなさんと過ごせたことが大きな喜びとなっていました。

この日を一緒にお祝いしていただいた方たちに感謝いたします。

てな感じで、まとめてみなさんに報告いたしました。

どうも有難う。

風に吹かれてLive

 風に吹かれてLive

数日前の天気予報では曇り、ということでしたが、午前中からちょっぴり降ったりやんだり。夜には本格的に雨になるらしい。

アイルランドも、長崎も雨が多いからそれでも嵐がこなければいいや、なんて思いながら、大森駅近くにあるライブ会場“風に吹かれて”に向かいました。

ここを紹介してくれたのが、二胡奏者の川名さん。僕も以前から店の存在は知っていましたが、演奏をさせてもらうことを決めたのは彼女の熱意からでした。

店ではオーナーの金谷さん、音響を担当していただく横澤さんがあたたかく迎えてくれました。

開演は17時。今日は満員御礼ということです。確かに熱気に溢れた顔、そして顔。いつものように、よーく知っているお顔からちょっとめずらしいお顔まで。

1曲目はスコティッシュの有名なスロー・エアー“ヘクター・ザ・ヒーロー”を。そしてそのまま“グリーン・グローブス・オブ・エリン”と“ジョリー・ティンカー”

1部ではみんなで“花嫁”を歌いました。内藤希花のハープのイントロですでにみんなが歌う態勢に入ってくれるのがなんとも嬉しい。

動物園ではないが、キリンさんも大きな声で歌ってくれている。キリンさんは決してキリンではなくニックネームが“キリンさん”である篠原さんだ。

1部を終えると中川イサトさんが「よう、来たでぇ」と声をかけてくれたので、急きょ少しだけでも一緒にやってください、とお願いしてみました。

お店に置いてあるギターでも差し支えない、と、快く受けてくれたので2部はあたまから3人で。

さすがにイサトさん。いい音を出してくれる。9月にはまた大阪で一緒に出来ることが嬉しいが、是非またここででも3人できちんとやってみたいものです。有山なんか入れて4人で出来たらそれも面白いかも。

スタジオミュージシャンとしても高名な西海君も来てくれていたし、いい意味でプレッシャーを与えていただいて感謝です。

イサトさんとよく一緒に行動されている細川さんもお顔を出していただいて有難うございました。もの静かな頼りになる人です。

2部も無事終え、打ち上げでもみんなでたくさん歌い、二胡の演奏も聴け、西海くんのバンジョーも聴け、この次は是非マスターの歌も聴かせてもらいたいです。

他に、楽器を持って集まってくださった人達も、夜には少し雨が強くなっていたので帰りが心配でしたが、足を運んでいただいて有難うございました。感謝です。

そういえば、ぼくらが打ち上げで盛り上がっていた最中に原発が再稼働されました。自己の権力とお金のことしか頭にない政治家どもに、国民の声を聞ける脳みそがあるとは思えないけど、それでも勇気を持って立ち上がるひとたちにも感謝です。

この日に“風に吹かれて”で音楽会ができたことはとても偶然とは思えません。ボブ・ディランはこう言っていました。

「答えは風に吹かれているが、だれにでも掴めるチャンスはある。そのことに気がつくかどうかが問題だ。もし、だれも気が付かなかったり、あるいは掴もうとしなければ、答えはまた“風に吹かれて”どこかへいってしまうのだ」

金谷さん、この場所がいつまでも音楽仲間の憩いの場としてあり続けられますようにお願いします。

そして微力ではありますが、僕らにも少し協力できることがあるかもしれません。またよろしくお願いします。

活力を与えてくれた全てのみなさんに感謝します。    

写真提供 望月照正さん

Mareka & Junji Live in 陽のあたる道(Wanさん&どんべえさんのお店)

Mareka & Junji Live in 陽のあたる道(Wanさん&どんべえさんのお店)

6月10日の日曜日、昨日の雨がうそのように朝から青空がのぞいている。もうそろそろ梅雨に入るらしいし、また明日からはどうなるか分からない。

鶴ヶ峰の駅で降りて、徒歩3~4分。もし、駅後方に出口があったら、1分かかるかどうか、というロケーションに佇む焙煎コーヒーの専門店、「陽のあたる道」は犬飼夫妻の長年の夢を実現させた素敵なコーヒーハウス。

先のバードランドの藤森さんといい、ここの犬飼さん夫妻といい、夢を抱き続けて、その夢を現実のものとしていく生き方には深く感動する。

お店の名前通り、たっぷりと陽が当たる明るいスペースに次から次へと見なれた顔が集まって来る。

夫妻が呼んでいただいた数人の初めての人もいるようだが、もうとんでもなく長年見続けているお顔もいる。

今日の僕らのコンセプトは、日曜の昼下がり、ゆったりと落ち着いた音楽を聴いてほしい、ということと、懐かしいフォークソングをみんなで歌おうというもの。

懐かしい歌も、楽器演奏とひっ付けてそちらとセットでひとつの世界として、楽しんでもらえれば、と思う。

70年代にPlanxtyが盛んにやっていたスタイルはずっと僕の胸の内にあったもので、今、希花とのデュオでそれが実現可能となっている。

アイルランドのケリーで体験した、大西洋の荒波と吹き抜ける風の音から想い出した“川のほとり”からブリタニーの音楽に繋げていく手法も、北山さんの影響を受けた“風”からSimple Pleasureという美しいジグに入ってゆく手法も、このデュオならでは、というものかもしれない。

いつもやっている“別れの唄”もみんな一緒に歌ってくれたし、犬飼さんの奥さんは僕らの後ろのカウンター内で密かに涙を浮かべていたらしい。

そして名曲“スカンランの娘”。

今回は今までにやったことのない曲で僕が昔から大好きだったワルツ“Thomas Farewell”と“As the Sun Was Setting”を演奏させて頂いた。

そして最後は、これもその昔、坂庭省悟とよく一緒に演奏した“Lead the Knave~Music for a Found Harmonium”

アンコールに“Da Slockit Light~Si Bheag Si Mhor”

終了後は打ち上げに突入。格別のローストビーフ(大家さんからの差し入れ)やマリネなどを囲んで、もう殆ど古くからの友人との集まり。

チャップリン・イン・ニューシューズから陽のあたる道、そしてヘイヘイヘイまでみんなで歌って演奏をした。

どんべえさん(因みにここのおくさん)の弾く“Da Slockit Light”(確か)圧巻でした。いえ、演奏が、ではなく、あのシーンが。

みんなこうして音楽を聴きに来てくれて、又、最後まで一緒に語り合ってくれて本当に嬉しい。

仲間と共にいる犬飼さん夫妻の飾らない人柄がまぶしいくらいだ。

今回は珍しく、希花の大学の後輩が3人も来てくれて、平均年齢を一気に下げてくれた。普段見かけることが無い若い女の子が、それも親に無理やり連れてこられたのではなく目の前にいたりすると、僕だけではない、いつも聴きに来てくれるおじさんたちもどことなく緊張しているようだった。

ところが終わってからの彼女たちの話題は、先輩である希花を囲んでの解剖の話であった。あー恐ろしや。

犬飼夫妻、遅くまで有難うございました。

この素晴らしいお店がいつまでも続きますように。僕らもまたここで演奏させて頂きたいし、美味しいコーヒーも頂きに寄りたい。

そうだ。奥さんのつくったシフォンケーキ、絶品でした。いつか藤森さんと一緒にここに来て、犬飼さん夫妻と一緒にバードランドにいってみようかな。

そうそう、打ち上げで出していただいた、崎陽軒のしゅうまいに付いていた陶器で出来たひょうちゃん。僕らにとっては懐かしいものだったが、希花にとっては見たこともない珍しいものだったらしい。大切に持って帰って行った。

みなさん、本当に本当に有難う。

5月26日 蒲田教会

5月26日 蒲田教会

5月でもすでに夏のように暑いが、湿気が少ない分だけ少しましかもしれない。夏になったらこれよりも10度くらい上がり、湿気が50パーセントくらい上がると思うとぞっとする。

なにはともあれ、教会に着いて暫くすると世話方の中西さんが登場。あっと言う間にステージを作り上げてくれた。感謝、感謝。

音はいつも通りとてもいい。生音で充分通りそうだ。

チューニングの後少し音合わせだけして、一応作ってきたセットリストを確認しながら曲名などをチェックしておく。

トラッドを演奏するうえで、曲名はとても大事だ。メロディと曲名はつねに把握して音楽会にのぞまなければならない。というのが僕の考えではあるが、楽しければそれでいい、というプレイヤーもいることも事実だ。

幸いにも前回(2月)よりも足を運んでくれた人が増えたようだ。季節が良くなってきたせいだろうか。

いつもお世話になっている深沢“マット”さんにお願いして動画を撮ってもらうことにした。

今の世の中、困ったことにこちらには何も言わずに動画を撮って勝手に配信する人がいる。

アマチュア同士の慣れ合いならば全く問題ないが、音楽を生業にしている相手かどうかを見極める目を持ってほしいものだ。

なにはともあれ、マットさんには、若くて肌もぴんぴんしているまれか嬢を主体に撮ってもらうことにしよう。

さて、一曲目は教会らしくAmazing Graceを持ってきた。そしてそのままGeorge White/Andy McGunnとリールを続けた。

曲選びについてはいつでも苦労する。あれもやりたい、これもやりたいと思うものが二人で持ち寄ると50セットにも及ぶ。コンサートでせいぜい出来るのは、12~3セットだ。

なかで、これはマニアック過ぎるんじゃないか、とか、これいいんだけど、繋がりを考えた場合入れるところが無い、とか、いつもやらない曲をやりたいが、必ず決まった曲が出てくることも大切だ、等など沢山の意見を出し合って決める。

今回2部の最初にLord Inchiquinを演奏してみた。これは2000年に僕がガットギター2本で録音したことがあるオキャロランの美しい曲だが、先日、ライターの大島ゆたかさんが「いい曲だし今度是非やってください」と言ってくれたので、久々にレパートリーに加えた。

そんな感じで歌も歌い、少しだけみんなとも一緒に歌い、演奏も聴いていただいた。

蒲田教会はとても好意的に場所を提供してくれるし、ぼくらも大好きな場所なので、ある程度定期的に出来たら嬉しいな、と思う。

また、時間があったら皆さんにも是非来ていただきたいし、僕らももっともっとデュオとしてのステージ作りを勉強していきます。

みなさん、どうも有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真提供 澤井誠さん

西尾、そして近江八幡

西尾、そして近江八幡

まず、豊橋から友人の武永さん(通称“たけちゃん”)の車で西尾に向かう予定。

新幹線の中で、たけちゃんからのメールが届いたのが、豊橋に着く30分程前。曰く「小さな垂れ幕を用意してお出迎えいたします」すぐに返信。「どでかい垂れ幕じゃぁないのか」すると、「まことに失礼いたしました。今回はこれしか用意できなかったので、次回は必ずなんとかします」

しまった。言わなかったらよかった。この人本当にやりかねない…。

続きを読む 西尾、そして近江八幡

大泉生活文化研究所 “スペース結” 久保田夫妻 そして、 秩父ホンキー・トンク 鈴木まーちゃん。

大泉生活文化研究所 “スペース結” 久保田夫妻 そして、 秩父ホンキー・トンク   鈴木まーちゃん。

4月29日。東京では昼前にすでに25度に到達している。なのに僕らは熊谷に向かう。

そう。ご存知“あついぜ熊谷”だ。

熊谷には久保田さんが迎えにきてくれた。暑い、といえどもまだ知れている。でも「いやー、暑くなりましたね」という言葉がついつい口に出てしまう。

続きを読む 大泉生活文化研究所 “スペース結” 久保田夫妻 そして、 秩父ホンキー・トンク 鈴木まーちゃん。