2018年 5月19、20日 新潟

今回は南魚沼での2日間。東京はいい天気で28℃くらいだったが、どうやら新潟は18℃とか聞いている。

トンネルを抜けたらそこは雨国だった。そこまではずっと美しい緑を見ながら、そして強い風に煽られながらひたすら晴天の中だったけど。

でも、一日前はかなり強い雨だったらしいが今日の雨は大したことない。ポツリポツリだ。

会場は出来て4年目のライブスペース「レオン」

どうやら映画の「レオン」から取った名前らしい。この映画、原題が「The Professional」いい映画だったし、スティングの唄が凄く良かったのを覚えている。

ともかく今回の企画も白井さんと外山さんによるもので、今日は彼らのバンドもオープニング・アクトを務めてくれた。それに前回も出演してくれた素晴らしいブルーグラス・バンド。今回はバンジョーの神田さんが欠席だったが、その分素晴らしいマンドリン・プレイとドブロがバンドを盛り上げていた。ボーカルの女性も前回同様、素晴らしい歌声だった。

僕らはまたどんなものをやろうか考える。初めての人もいるようだし、もう40年も聴いてきている人もいるし。

今日はAmelia’sからGrey Owlというセットでスタートしてみた。

そして、プレスリーの有名な曲のジグ・アレンジからHumours of Tullyknockbrine / Dinkie’sなどをやってLiving Without You / Miller of Droughanそしてハープやバンジョー、コンサーティナの紹介に入り、いくつかやった後Jenny’s Chickenのセットなどを演奏した。

そして終了後に少しナターシャーやブルーグラスセッション。

飯田さんのギターも凄いテクニックだったし、山田さんのマンドリン・プレイも素晴らしかった。驚き。

お店のオーナーの佐藤さんとお手伝いの女性の方、有難うございました。

終わってからは美味しいお酒と(僕はあんまり飲めないので、みんなにとって、かな)お料理。あ、そういえば希花さんが日本酒を嗜んでいた。だって新潟だから。

 

2日目は図書館のスペースを使わせていただいてのコンサート。

僕らのことはもとより、アイリッシュなど聴いたことのない人達がほとんど。全体の9割がそういう人達だ。しかもお年寄りも多い。

僕らはSi Bheag Si Mhorから入って、丁寧にアイルランドのお話をする。

ほとんどやったことのないダニー・ボーイや庭の千草も、直前にキーはなんでもいいよね、だけの話で。でもやっぱり皆さんから「あー知ってる」という声が聞こえてくる。

ダンス・チューンもその後でやらせてもらったが、意外に反応が良い。

始まる前に、皆さん音楽は好きなんだけど、なかなか生で聴く機会がなく、コンサート・ホールとはまた違う、アット・ホームな良い音楽に飢えている、という話を聞かせていただいたが、本当にみんな身体を乗り出して楽しそうに聴いてくれる。おじいちゃんもおばあちゃんも。

別れの唄も久しぶりに歌い、アンコールではParting Glassでみなさんとのお別れの挨拶に変えさせて頂いた。

外山さん、白井さん、そしてこの図書館音楽会を考案していただいた大嶋さん、白井さんのバンドで素晴らしい声を聴かせてくれる柴田さんと貝瀬さん、それに2日間お付き合いしていただいた信田さんと奥さんのグレッチェンさん、みなさんの笑顔が僕らを助けてくれます。

新潟にはまた出向きたいので皆さんも健康に気を付けて、また呼んでください。

僕らも年に一度(二度?)くらいは皆さんのお顔を見たいです。

有難うございました。