2018年7月1日(日)夢みるぱさり w/Alec Brown

暑い。ひたすら暑い。よくもこんないい天気になったものだ、と思うくらいのどこまでも青い空。

ラベンダーの咲き乱れる夢みるぱさり。

キアラン君に引き続き、今回はアレックを連れて、この天国のような場所を訪れた。

やっぱり絶対に紹介したい、泉さん、ダイジロさん、番頭さんをはじめ、ここで働いている温かい人達。

その全てが誇りを持って紹介できる。こんなに素晴らしいことはなかなかないだろう。

そして、彼にも日本で最後の演奏にもってこいの場所だったに違いない。

満員のお客さんの中にも初めての人が数人いたが、帰るころにはみんな笑顔で…もちろんこの場所のすばらしさもあろうが、僕らの演奏にも一様に感激してくれたようだ。

ダイジロさんと彼の仲間の「谷間の虹」もいい感じだった。

素敵な歌と演奏、有難うございました。

最後のAshokan Farewellまで聴いていただいた皆さん、どうも有難うございました。

そして、このアレックとのツァーに多大なお力を貸していただいた各地の皆さん、どうも有難う。

もう1ヶ月近く、様々な方にお世話になりました。

そして、今日、この夢みるぱさりを最後にして彼もアイルランドに戻ります。

彼からも「皆さんに感謝しています」という言葉を預かっています。

何度言っても足りません。本当に本当にありがとうございます。